次のラウンドの目標スコア♪

私がレッスンをする場合、その方が次にラウンドするのはいつかということを確認しています。明日ですと答える方には新しいポイントは極力避け、それまでの復習的なレッスンをするようにします。場合によっては目先のラウンドは捨てて将来のために新しいポイントを追加して行うこともあります。

nbsp;

それはさて置き、私の「今度のラウンドはいつですか?」という質問に対し〇月〇日です。とはっきりとした答えが帰ってきます。が、「コースはどこですか?」の問いに対しては、東名高速で行くらしい。とか、木更津の方です。どこだったかな?なんかカタカナの名前のコースです。という感じでなんというコースに行くか知らない方がいらっしゃいます。

nbsp;

もし、事前にコース名を知っておけば、コースガイドやネット検索でどんな特徴があってどのような対策が必要かという予備知識を得ることができます。

nbsp;

例えば前日の一夜漬けの練習で、パー3のホールの距離を知っておけば、その距離の番手を予測し、その番手でティアップをして予行演習ができたり、それがコンペなら明日使うティインググラウンドからの全長やコースレートを参考に難易度が高ければ「みんないつもより叩くだろうし、自分も平均スコアより5つぐらい余計に叩いてしまうかもしれない。」と心の準備をしておけば当日「こんなはずじゃない。」とあせって大叩きしてしまうことが避けられたり、その気になれば十分なリハーサルができるのです。

nbsp;

プロゴルファーが初めて回るコースで大事な試合がある場合、何ヶ月も前に一度下見のラウンドをして対策を練り練習内容を組み立たりもします。逆にツアーの連戦中の時に疲れがたまっているなと感じたら、初日に十分な情報を取り込み2日目以降には初日に得た情報を十分に生かして戦略を立て直したりします。上位の強い選手がこうした作戦を取ることが多い傾向にあります。

nbsp;

初心者の方があまり多くの情報をつかんでしまうと邪魔になったりもしますが、コンペなどであれば腕前に関係なくコースレートを参考にいくつからいくつぐらいのスコアで回れそうかを予測して最低目標と最高目標のスコアを立てることは必要かもしれません。

nbsp;

上手な人ほどこうしたゴルフ場の情報をほしがります。もしそうした情報を多く得たいという気持ちが大きくなるほど上達の証と言えるかもしれません。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|