気温の低下時は飛距離の低下にご用心

真夏の暑い日は一年で一番飛距離が出る時期です。

 

このところ気温が低い日が多くなりましたので飛距離の低下にご用心ください。

 

気温が高いと空気密度がうすくなるので飛距離が出ます。

 

野球の投手は空気抵抗が少ないので変化球の切れや球の伸びが悪くなるので打たれやすくなる時期でもあります。

 

前回のゴルフが暑い日で涼しくて気持ちの良い日のゴルフとなると、バンカーを越えるかな?と感じても越えずに入ってしまったりすることがあるので、少し自分の飛距離の物差しの目盛りを調節しましょう。

 

 

といってもわずかな差ですから気分良く集中もできてコースのコンディションもいいですから20℃台の日は良いゴルフが出来ると思いますので好スコア目指して頑張ってください。