同伴者のプレーを参考にすることが上手な人は得します

同伴プレーヤーは物差しであり、水先案内人です。

 

先に打ってもらえれば、風や残り距離、グリーンならラインや転がり具合を見せてくれたりします。

 

自分と飛距離が同じくらいで上手な人と回れば多くの有用な情報をもたらせてくれます。

 

同伴プレーヤーの番手毎の飛距離を早めに把握することが出来ると有利にプレーが進められます。

 

観察するべきはインパクト付近のヘッドの動き方と球筋で事前に使用クラブを把握しておきましょう。

 

ホールが進むほど、同伴者の球筋が分かってきて、球筋を見るとどんな風が吹いているか、残り距離はどのくらいかがかなり正確に分かるようになります。

 

スイングやテンポ、ひどいミスショットはあまりよく見ないことも重要です。

 

見てしまったばっかりに自分のプレーが出来なくなってしまうことがあるからです。

 

自分にとってプラスの情報はしっかり取り込み、マイナスな情報はすぐに捨てる事が重要です。

 

ゴルフの観察眼は大きく実力を左右する要素になりますので、自分のプレーだけに集中し過ぎず周りをよく観察できるように心掛けるとスコアメイクの大きな助けになると思います。