夏場のゴルフは飛距離よりもフェアウェイキープを大前提に考えましょう

芝生は短く刈り込むほど横に広がろうとするので芽数が増え芝生の密度が増えます。

 

刈り込まずに伸び放題にすると根も茎や葉も上下に伸びようとするので密度は小さいままになります。

 

ゴルフ場の芝生としては前者が望ましいのですが、ラフは長めに伸ばすので密度が小さくなります。

 

その結果、ラフに入ると芝生が長く伸びていても深く沈んでしまうことが多く発生します。運よく芝生が密集しているところにいくと夏場でもボールが浮いていて易しい状況になってくれることもあります。

 

夏場のゴルフの基本中の基本はフェアウェイキープで、もし、ラフに入ったなら確実に脱出することを第一目的にして下さい。

 

グリーンを狙うのならグリーンオンするように、そうでないショットはフェアウェイキープできるようにゴルフを作り上げていってください。