パターでラインが読めない時の対処法

ショートパットの時にラインがはっきりとわからないまま打たなければならない時もあると思います。

 

「パット ライン」の画像検索結果

 

そんな時はラインは間違っていてもいいので、はっきりとカップに右縁といったように狙う方向とボールを打つ強さを決めてしまってから打つようにしましょう。

 

特にスライスにも見えるしフックにも見える時にはどちらに曲がるかわからないまま恐るおそる打つよりはどちらに曲がるかわからないくらいなら大した傾斜ではないので強めにカップの真ん中めがけて打ってやれば大抵は入ってくれます。

 

一番いけないのは、決断が出来ないまま打ってしまうことで、そうなると半信半疑のままスイングすることになりスムースにスイングを行えなくなってしまいます。

 

その結果、大きなミスショットになってしまったり、その1打だけでなく後悔が残ればその後のぷれーにも響いてしまいます。

 

自分のジャッジに自信が持てないとしても決めたとおりに打つことに集中していれば、入らなくても怪我が最小限で済みますし、良いストロークさえできていればどっちみちラインがはっきりしなかったのだからカップインしなくても納得がいくので後に引きずる事もないはずです。

 

ということで、自分のジャッジに自信が持てないケースは、目標方向と打つ強さを決めてその判断を信じてプレーして下さい。