ゴルフに使える計測器いろいろ

幅35mm×高さ7mmのマーカー型傾斜計、試合では使えませんが何度かこれを使ってラウンドすると傾斜読みが上手くなるかも。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

風速と風向が計測出来、温度が測れるものもあり、風と飛距離の関係が分かるようになるかも。

 

 

気圧、温度、方角、心拍計測ベルト着用時は心拍数、消費カロリー、リカバリータイム、最大酸素摂取量が計測表示されます。これも試合では使えませんが空気の状態と飛距離の関係がよくわかります。

 

 

「ゴルフ 距離計」の画像検索結果「ゴルフ 距離計」の画像検索結果

定番の距離計。レーザー測定は多少の手間がありますが正確で、GPS型は距離は少しアバウトですが瞬時に残り距離が分かります。これも試合では使えないことが多い。

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

レイアウトや距離を教えてくれます。情報量はプロのメモ並?

 

ほとんどのアマチュアゴルファーは公式競技に参加されないので、いつもこれらの計測器を駆使して情報を入れてプレーするのも上達につながります。計測する前に自分で数値を予測してから計測して確認するようにすると自分の五感が鍛えられます。

 

ただし、技術力が低いと情報過多でかえってマイナスになるかもしれませんのでご注意を。