Wトランポリン効果で飛距離アップ

TV番組の中の実験映像です。

 

you tubeより転載

 

テニスのサーブ前にトランポリンで数回ジャンプすると、身体がリラックスできてサーブのスピードアップが期待できるというものです。

 

通常ドライバーの飛距離アップでトランポリン効果といえば、インパクトでフェースがたわむことでボールの初速が上がり飛距離アップするということを指しますが、こんなトランポリン効果もあるんですね。

 

ショットを打つ前にティインググラウンドで数回ジャンプしてからボールを打つと飛距離アップにつながるかもしれません。

 

また、ルール違反ではありますが、ウッド系クラブの高反発加工といって、フェースを削り肉厚を薄くしてトランポリン効果 を大きくして飛距離アップを狙う方法があります。

 

ティショットを打つ前に軽くぴょんぴょん飛び跳ねてから高反発ドライバーで打てば結構な飛距離アップが期待できるかもしれません。