フェアウェイウッドの飛距離アップ

肩の故障を抱える会員様で女性の上級者のSさんという方がいらっしゃいます。肩が痛いために今までのクラブがハードに感じてしまう状態になって来ておりフェアウェイウッドを買い換えやシャフト交換を検討していた折キャロウェイの X2HOTを試打したところ、打ちやすいとのことで早速スプーンとクリークを購入されました。

 

新しいクラブが合っているかどうか見て欲しいとのことで簡易測定器を使ってヘッドスピードとボール初速、ミート率などを測定したところ、練習場のいわゆるレンジボールで、ミート率が1.52、平均でも1.48のミート率を記録しました。ちなみに現在使用中のドライバーの平均ミート率は1.38でした。通常はフェアウェイウッドよりもドライバーの方がミート率が高いのが普通なのですが完全に逆転現象が起きてしまいました。もしドライバーがフェアウェイウッドと同じミート率になったら20ヤードアップする計算になります。

 

ちなみにミート率をアップさせるためのクラブの要因を挙げるとしたら反発係数が大きく関わります。このX2HOTの反発係数がすごく高いんですね。

 

最初は重心深度が浅目に設定されているX2HOTなので右に飛ぶ打球が連発しましたが少し打ち方を修正していくうちにそれも修正され大幅な飛距離アップとなりました。打ち方も良くなったもののクラブの性能が非常に大きかったと思います。

 

あとは実際にコースでどのくらい飛ばせるのかSさんも楽しみにされていました。少し心配なのはセット全体がボールのつかまりやすいクラブで統一されていたので、他のクラブの見直しが必要になるかな?という点ですが、まずはSさんがコースでどうなるかが先ですね。

 

ということで300ヤードスプーンとも言われるこのクラブの実力を目の当たりにしました。まだお試しになっていない方は、是非一度試打されてみてはいかがでしょうか?まさに飛距離はお金で買えるなってきたのか?という今日このごろでした。