適正な打出し角とスピン量♪

数年前ドライバーの反発規制がかかってからの各クラブメーカーは長尺化によるヘッドスピードアップからボールの初速アップさせることによる飛距離アップ、スピン量を減らすことにより適正なスピン量となることによる飛距離アップの2方向からの飛距離アップへのアプローチがされています。

nbsp;

適正スピン量は打出し角が高いほど少なく低いほど多めが良いといわれています。飛距離を決める3要素であるボールの打出し角、初速、スピン量が得られれば現在のスイングとヘッドスピードのままでもかなりの飛距離アップが可能です。

nbsp;

現在のドライバーの豊富なラインナップと調整機能で打出し角とスピン量が適正になればあなたの史上最高飛距離が得られるはずです。現在のゴルフは昔と比べクラブ選びが実力のうちに入ってきていると思います。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|