クラブの適正重量と飛距離の関係

 

クラブの軽量化が進み自由にクラブの総重量を選ぶことが出来るようになりましたが、それに伴いクラブが軽すぎて損をしている人も増えています。

 
軽い道具を速く正確に振れる人がクラブで一番得する人といえます。

軽いクラブは重いものと比べてヘッドを速く振りやすいといえます。

 
身体の力でいえば、自分の筋力を余さずにクラブに伝えられることが最も飛距離が出せる状態になります。

 
自分の筋力を全て出力し、その力を技術を使って最大限ヘッドスピードに変換できた時に、良いインパクトをすれば自分の最高飛距離が出せることになります。
 
そして、自分の筋力を発揮しつくすためにはクラブの適度な重さが必要になります。

 
例えば、のれんに腕押しという言葉があります。
 
床に落ちているものを拾うとき、紙くずを拾う場合は自分の筋力を出し切ることが出来ませんが、速く持ち上げることが出来ます。
自分の持ち上げることが出来るギリギリの重さのバーベルなら、自分の力を出し切ることが出来ますが。スピードが出せません。

 

インパクトのヘッドスピードが同じなら、軽いクラブより重いものの方が飛距離が出て、クラブの重さが同じなら加速度が大きい方が飛距離が出せます。
 
加速度を大きくするためにはクラブを軽くすると大きくなります。

 
と、ややこしい説明になりましたが、簡単にいうと
ヘッドスピードが落ちない出来るだけ重い(総重量とバランス)クラブ
が一番飛距離が出せるクラブになります。

 
ということで、軽くするほどヘッドスピードが上がる人は軽いクラブをチョイス。
軽くしてもヘッドスピードが上がらないが、重くしてもヘッドスピードが落ちない人は重いクラブをチョイスすればよく、こちらは飛距離的にはあまり得がありませんが安定性で得をします。

 
自分の適正重量を探るためには、重りの重さを替えたり外したり、シャフトにおもりを貼ってみたり、いろいろな重さのクラブを打ち比べして簡易測定器などで測定をしてみると自分の適正重量がだいたいわかるようになります。

 

こんなのや


こういったものを試してみるのもいいと思います。
 
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。