ウェッジのソールが広いと抜けが悪くなる!?

 

クラブのの抜けの良さはフェースとソールの角度が大きく関わります。

yjimageNH6V3CME

上図の左はバウンスがあるもの、右はバウンス角がマイナスになっているスクープソールといわれるものです。

 

2つを比較するとフェースとソールの角度が右の方が尖っていることになりますので、地面に刺さりやすくなります。

yjimageP6P7ZS4S

この角度はロフトが大きくなるほど尖り方が鋭くなりますので、ウェッジが一番地面に刺さりやすいクラブになります。

 

そこでバウンスをつけたりソールを広くして刺さりにくくする工夫がされるのですが、ソールが広くてバウンス角が大きいとリーディングエッジが地面から離れすぎてボールに当たりにくくなってしまうのでワイドソールのものはバウンス角を少なくするのが通例です。

 

バウンス角が小さいとフェースとソールの角度が鋭くなってしまうのでワイドソールのウェッジは地面に刺さりやすいクラブということが出来ます。

 

インパクト前後でソール全体が接地しているとしたらソール幅が広いと地面に潜りにくくなりますが、リーディングエッジだけが接地した時は刺さりやすくなります。

 

リーディングエッジだけが接地する時はフェースが左を向くか、ハンドファースト過ぎる場合です。

 

このような癖がある人はワイドソールのウェッジの使用は控えてバウンス角が大きいものを選んだ方が抜けが良いと感じるはずです。

 

逆にハンドレート気味に当たる人はバウンスが少ないもの、開き気味に当たる人はソールが狭いものが抜けの良いウェッジになります。

 

自分のインパクト前後のヘッドの状態がどうなっているか知っておくとウェッジ選びに役立ちます。