自分の中に先生がいるかも❓

レッスンをしていて時々感じる事の一つに、ある苦手な動作が身体の反対側の部位ではスムーズに出来ているというケースです。

この場合、本人は苦手な動作がまさか逆の動作(右打ちの方なら、左打ちの動作という事)の中でスルリとこなせている事に気付いていなのが大半です。

これは私の推測ですが、上手くいかない時に、反対側から問題解決していく手法を試す方が少ないのかな…という気がします。

動作を客観的に映すのに、鏡やビデオを活用していけば、左右の動作確認も早くて便利です。

自分の中に上手くできている部位(先生)がいれば、その先生の動作をしっかり観察したり、時には手をあてて中の筋肉の使われ方や力感などを感じ取る事も可能です。

同じ方向にばかりクラブを振り続けていると、身体のバランスを崩してケガにもつながり兼ねませんので、その予防も含め、反対素振りなどをしながら自分の中の先生を見てられたら良いですね(^_-)-☆