ゴルフは何度も開眼をして上手くなっていく?

ゴルフをやっていると、時々「開眼」することがあって、そんな時は何をやっても上手く行ったりするという経験をした事があるのではないでしょうか?

 

もう自分はミスショットが出ないんじゃないか?と思える時期もあると思います。

 

しばらくすると、少し上手くはなった気がするけどまた100を叩いてしまったりもします。

 

「開眼」したと思ったら、それを身に着けるための繰り返し反復をする時期を設けて練習すると、より深く開眼したポイントを身に着けられるようになります。

 

開眼後長続きしないのは自分の知識や考え方、身体が日々変わっていくためにその時はタイムリーなワンポイントが効いて良くなるのですが、変化に伴ってイメージも変化させていかないと本当の意味で自分のものになっていきません。

 

なので、上達し続けられる人は「開眼」をした時になぜこれで良くなったのかも併せて理解していると思います。

 

プロも冗談で1万回目の開眼をしたんだという事がありますが、開眼をしていいゴルフが出来る経験をするからやめられなくなるんでしょうね。

 

ということで、自分で「開眼」をしたと思った時は、なぜそれで良くなったのか分析して、それを繰り返し反復をすることで身に着ける作業をしておくと、自分のゴルフのための財産を増やしていくことが出来ると思います。