古いグリップや太さの合わないグリップは早めの交換を!!

最近立て続けに2件ほどグリップ素材に関する出来事がありました。

1つ目は、60代後半男性がアイアンセット一式変更した際で、インパクト時に以前より力んでしまうとの事。前のクラブよりも重たくなったり、シャフトが硬くなるようなオーバースペック変更ではないので何故かと一瞬思いましたが、よくよく聞いてみると、グリップが以前のコード入りでは無いので柔らかく感じ、少したよりないとの事。そこでグリップを以前の様なコード入りに変更した所、インパクトの力みが解消され、楽にスイング出来るようになったと喜んでおられました。

2つ目は、70代前半女性のFW2本とUT1本に関する相談で、どうもこの3本のクラブがしっくりこない(ミスが多い)という内容でした。この方は背が高く、手も大きい方で、1Wやアイアンは男性モノのでシャフトが柔らかめのクラブを使用されてました。先の3本はレディースクラブで、持って振り比べてみると、シャフトの硬さの違い以上にグリップの太さの違いに違和感を覚えました。そこで現状の薄くて細いモノからアイアンで使用しているのと同じグリップに変更した所、すごく振りやすくなったと、この方も喜んでおられました。

たかがグリップですが、されどグリップです。自分に合うグリップはこれ、と決まってない方は、一度研究してみる価値はあると思いますよ(^_-)-☆