最年長記録

ゴルフは高齢者でも楽しめるスポーツです。

 

 

 

世界最高齢で、ホールインワンを達成した方は誰だろう?と思い調べてみたところ なんと103歳の方でした。さらに103歳で83ストロークでホールアウト。エージシュートー20打です。この記録はなかなかやぶられないのではないでしょうか。

 

 

 

その他最年少の記録や、最多記録なども記事にありますが世の中にはとんでもない方がいるものです。

 

 

 

 

以下ゴルフダイジェストさんより転載↓↓

 

 

 

 

週刊ゴルフダイジェスト 2015/1/20号
2015/1/12更新

103歳でホールインワン
エージシュートの離れ業

 

 

 

 ゴルフが生涯スポーツであることを象徴するようなニュースが、昨年末に飛び込んできた。なんと、103歳の男性がホールインワンを達成したのだ。

103歳のガス・アンドレオンさん(PGA.comより引用)

奇跡は昨年12月17日、米フロリダ州のパームエアーCCで起こった。113ヤードの14番ホールで、ガス・アンドレオンさんの打ったボールがカップに吸い込まれたのだ。

このとき、アンドレオンさんは103歳。07年にはエルシー・マクリーン さんという当時102歳の女性がマークした最年長記録が残っているが、これを更新した。

アンドレオンさんは通算8回目のエースで、初達成は76年前の39年に遡る。ここまで多いと運のみとは思えないが、それもそのはず、アンドレオンさんは現役の米PGA最古参会員という実力者。この日は83でラウンド。エージシュートのおまけまでついた。

さて、技量も年齢、性別も問わず、誰にでもチャンスがあるお祝い事がホールインワン。新年にふさわしく、おめでたい記録を調べてみた。

最年少記録は、クリスチャン・カーペンターくんの4歳195日。最多回数では、ノーマン・マンリー氏はパー4でのアルバトロスを含め、生涯に59回も達成した。ジョセフ・O・ボイドストン氏は、62年に年間11回ものホールインワンを決めている。

現在も週3度のペースでプレーするというアンドレオンさん。ホールインワンもかなえたい夢だが、いつまでもゴルフを続けられる健康な体にもあやかりたいものだ。