雪の処置

冬場にゴルフをしていると、雪が降った後にプレーをしたり、当日に雪が降ってしまう事も考えられます。

今日は雪の処置についてご説明したいと思います。

雪の処置については、①カジュアルウォーターの救済、②ルースインペディメントの救済があります。

①カジュアルウォーターの救済とは、ボールが水溜りに入っている。またはスタンスが水溜りにかかる場合に、罰なしにドロップを出来るという救済措置です。

ホールに近づかず、水溜りを避けられるニアレストポイントを決めて、そこから1クラブレングス以内でホールに近づかない所にドロップします。雪の場合であれば雪の上にボールが乗っていたり、スタンスが雪に掛かったりすればカジュアルウォーターの救済を受ける事が可能です。

②ルースインペディメントの救済
ルースインペディメントとは自然物の事で石、木の枝、木の葉などがボールの近くにある。またはスタンスにかかる場合に無罰で取り除く事が出来ます。雪にも適用されます。
但し、ハザード内ではルースインペディメントによる救済は出来ませんので、①のカジュアルウォーターの救済のみとなります。

まだまだ寒い日が続きそうです。皆様お体をご自愛ください。