間違いやすいゴルフ用語①

「今のショットはピンハイにつきましたね」などとゴルフの解説者がテレビで言っているのを聞いた事があるかもしれません。

英語では、ping highというスペルです。

言葉で聞くと、ピンの奥に乗ったという意味に捉えてしまいそうですが、実際には距離がピッタリだった時に使用される言葉で、「少し左にずれたけど、ピンハイについた」、「少し右にずれたけど、ピンハイについた」 という使い方をします。

東京オリンピックも決定しましたし、2020年には、外国人のゴルファーの方もゴルフ競技の観戦にたくさん来られると思いますから、ゴルフ用語の再確認をする良い機会かもしれません。