ハイドロプレーニング現象とフライヤー♪

以下、Wikipediaより引用させていただきました。

nbsp;

strongハイドロプレーニング現象/strong(ハイドロプレーニングげんしょう、a title=”英語” href=”/wiki/%E8%8B%B1%E8%AA%9E”英/a: span style=”font-family: sans-serif;” lang=”en”hydroplaning/span)、又はstrongアクアプレーニング現象/strong(a title=”英語” href=”/wiki/%E8%8B%B1%E8%AA%9E”英/a: span style=”font-family: sans-serif;” lang=”en”aquaplaning/span)とは、a title=”自動車” href=”/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A”自動車/aなどがa title=”水” href=”/wiki/%E6%B0%B4″水/aの溜まった路面などを走行中に、a title=”タイヤ” href=”/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4″タイヤ/aと路面の間に水が入り込み、車が水の上を滑るようになりa title=”ステアリング” href=”/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0″ハンドル/aやa title=”ブレーキ” href=”/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AD”ブレーキ/aが利かなくなる現象。水膜現象ともいう。

なお、a title=”パワーボート” href=”/wiki/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88″パワーボート/aやa title=”プレジャーボート” href=”/wiki/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88″プレジャーボート/aなどでの高速走行において、船底の多くをa title=”水面” href=”/wiki/%E6%B0%B4%E9%9D%A2″水面/a上に出し、水のa title=”抵抗” href=”/wiki/%E6%8A%B5%E6%8A%97″抵抗/aを軽減する走法も「ハイドロプレーニング」、または単に「プレーニング」と呼ばれる。
h2span id=”.E5.8E.9F.E5.9B.A0″ class=”mw-headline”原因/spanspan class=”mw-editsection”span class=”mw-editsection-bracket”[/spana title=”節を編集: 原因” href=”/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%8F%BE%E8%B1%A1amp;action=editamp;section=1″編集/aspan class=”mw-editsection-bracket”]/span/span/h2
ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えた場合に発生する。具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。

dldtタイヤの溝の磨耗/dtddタイヤの溝が磨耗する事で、タイヤの排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。同様の状況は溝の内部に砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。/dddt水量の増加/dtdd路面に溜まった水の量が多く、タイヤの溝では排水しきれなくなり、タイヤと路面の間に水が残る。/dddtタイヤの空気圧不足/dtddタイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。/dddtスピードの出しすぎ/dtdd高速走行中に水溜りに突っ込むと、水のa title=”粘度” href=”/wiki/%E7%B2%98%E5%BA%A6″粘度/aの為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る。同じく高速走行時、a title=”離対気流” href=”/wiki/%E9%9B%A2%E5%AF%BE%E6%B0%97%E6%B5%81″離対気流/aや強風などの影響で発生する上向のa title=”モーメント” href=”/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88″モーメント/aとの相乗効果によって水溜りに乗り上げる場合もある。/dd/dl
h2span id=”.E5.AF.BE.E5.87.A6.E6.96.B9.E6.B3.95″ class=”mw-headline”対処方法/spanspan class=”mw-editsection”span class=”mw-editsection-bracket”[/spana title=”節を編集: 対処方法” href=”/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%8F%BE%E8%B1%A1amp;action=editamp;section=2″編集/aspan class=”mw-editsection-bracket”]/span/span/h2
完全にこの状態になってしまえばハンドルもブレーキも利かなくなるので運転手に出来ることはなく、状態が解消されるまで成り行きに任せるほかは無い。
h2/h2
nbsp;

本日のレッスンは台風26号の影響により遅れて13:00からの営業になりました。この時のお客様はPWで打ち、アイアンマットがびしょ濡れでボールにスピンがかからず普段ではありえない弾道になることを不思議がっていたので簡単にその理由についてお話させていただきました。

nbsp;

span id=”.E9.96.A2.E9.80.A3.E9.A0.85.E7.9B.AE” class=”mw-headline”ハイドロプレーニング現象と雨天時のゴルフにおける雨水がインパクト時にボールとフェースの間に挟まってボールがスリップする事によるフライヤー現象が理論上はとても似かよっています。上下を読み比べてみてください。/span

nbsp;

雨天時に起こるフライヤーは、a title=”水” href=”http://www.gsi-golfgym.co.jp/wiki/%E6%B0%B4″クラブヘッドが水/aの溜まった芝生などを走行中に、フェースとボールの間に水が入り込み、ボールが水の上を滑るようになり正しいボールコントロールが利かなくなりスピン量が減少する現象。

nbsp;
h2span id=”.E5.8E.9F.E5.9B.A0″ class=”mw-headline”原因/spanspan class=”mw-editsection”span class=”mw-editsection-bracket”[/spana title=”節を編集: 原因” href=”http://www.gsi-golfgym.co.jp/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%8F%BE%E8%B1%A1amp;action=editamp;section=1″編集/aspan class=”mw-editsection-bracket”]/span/span/h2
雨天時におけるフライヤー現象は、ボールとフェースの間に挟まった水の量がスコアラインのの排水能力を超えた場合に発生する。具体的には、以下のような状況下で発生しやすい。

dldtフェースのの溝の磨耗/dtddフェースのの溝が磨耗する事で、フェースのの排水性が悪くなり、ボールとフェースのの間の水を排水しきれなくなる。同様の状況は溝の内部に芝カス、砂や小石、雪などの異物が入り込むことでも発生する。/dddt水量の増加/dtdd地面に溜まった水の量が多く、フェースの溝では排水しきれなくなり、ボールととフェースの間に水が残る。/dddtタイヤの空気圧不足/dtddタイヤの空気圧不足からタイヤと路面の接地面積が大きくなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。/dddtヘッドスピードにより起きる現象は異なる/dtddラフからのフライヤーと同じでヘッドスピードが速いとスピン量が減り、曲がりは小さく飛びすぎる傾向になります。遅いとスピン量が少な過ぎるためキャリーがでなくなり、距離が落ちる傾向になります。/dd/dl
h2span id=”.E5.AF.BE.E5.87.A6.E6.96.B9.E6.B3.95″ class=”mw-headline”対処方法/spanspan class=”mw-editsection”span class=”mw-editsection-bracket”[/spana title=”節を編集: 対処方法” href=”http://www.gsi-golfgym.co.jp/w/index.php?title=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%8F%BE%E8%B1%A1amp;action=editamp;section=2″編集/aspan class=”mw-editsection-bracket”]/span/span/h2
完全にこの状態になってしまえばプレーヤーに出来ることはなく、状態が解消されるまで成り行きに任せるほかは無い。ただし、フライヤーを予測して、番手やヘッドスピードを変えたり、挟まる水の量を減らすためにハーフトップ気味に打つなどの対処は可能である。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;

nbsp;