勘違い

 

「井の中の蛙大海を知らず」という諺があります。ゴルファーでも、仲間内でラウンドをすると無類の強さを発揮するのだが、試合で自分より明らかに上手なゴルファーと回ると、スコアがメロメロになる人がいます。

 

どうしてこの様な事が起こるのでしょうか?それは仲間内だと自分が一番上手いと思っているから自信たっぷりでラウンドできるからです。しかし競技ゴルフとなると自分より上手なゴルファーがいて、自分に自信がなくなってしまうのでしょう。

 

上記の現象を考えてみても、ゴルフにおいてメンタルがいかに大切かが分かると思います。私はかつて師匠に「ゴルフはおめでたい奴の方が向いている。自分が上手いと思って勘違いしろ」と言われました。

 

しかし「勘違いしろ」と言われても、意識してないから勘違いなのであって、意識してたら勘違いではないでしょう・・・と言い返す事など出来ない時代でした。プロが黒といえば、白いモノでも黒という時代でしたから。。

 

でも自信を持つという事は、何よりも大切な事だと思います。練習という行為は技術力を上げるという目的もありますが、自信をつけるという目的でなければ意味がありません。

 

皆さんも練習をするときに、自信をつけるよりも、自信をなくす事になっていないか気を付けて欲しいと思います。上手くいかない時は、一旦球を打つのをやめて、うまくいきそうな方法を考える事も必要かもしれません。練習は量よりも質を重視する。そして成功体験を増やし、自信を持ってコースに立ち向かって下さい。