今回の大雪で都心近郊のゴルフ場はようやくオープン?

東京は今回の大雪で屋根の雪下ろしはさすがになかったかと思いますが、多くの人が職場や自宅周辺の雪かきに追われたのではないかと思います。

 

今回の量だと必要最低限の場所の雪をどこかに移動する形になったでしょう。

 

そして現在は日当たりの悪い場所に移動した雪が溶け残っている状況だと思いますがこれに要した時間はそれほどではなかったのではないでしょうか?

 

しかしゴルフ場ほどの広大な敷地の除雪となると大変な作業になります。

まず、ゴルフ場への進入路、駐車場の除雪、管理道路の除雪、クラブハウス周りの除雪をして雪かき部隊が出勤できる環境をつくります。

 

コース内はグリーン、ティ、の雪踏み、これはキャディさんや研修生が任されることが多いと思います。

 

フェアウェイは雪踏みをするか、車両で轍を作るなどして溶けやすくし、融雪剤を撒くこともあります。

 

ラフも轍を作ることで雪を溶けやすくする作業が基本になりますが、日当たりの悪い区域は放置しているとなかなか溶けないのでプレー区域外の谷や池に投棄します。

 

この時に作業車のタイヤやスコップなどで芝生が傷つきますから経営に余裕があるゴルフ場は雪踏み程度の作業にしておき溶けるのを待つのでオープンが遅れますがコースは傷みません。

 

積極的に営業するコースは無理な雪かきで芝生は傷みますが早くオープンできます。

 

そんなわけですので今日あたりオープン出来ているゴルフ場は少しコースが傷んでいる可能性があります。

 

まだオープンしていないコースもありますのでプレーの前日に必ず営業状況をゴルフ場に確認しましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

                        ⇒体験レッスンはこちら