冬用のクラブは重く軟らかく

冬の最も寒い時期はゴルフくらいの運動量だと体が冷えたままでプレーが進行していくことが多くなります。

 

それと厚着が相まってスイングスピードは夏場より遅くなります。

 

このような状態の時は夏場に丁度いいクラブだと総重量が軽くシャフトが硬くなります。

 

なので、冬は夏場よりも少し重く柔らかいものが振り易く扱いやすいクラブで、重くすることで体が動きにくい部分をカバーするという考え方で、逆に体が動きづらい分手打ちでも打ちやすいように軽くするという考え方もあるかもしれません。

 

 ヘッドはこんなもんで十分です。手元はもう少し貼ってもいいと思いま す。振り心地に影響があり性能の変化はほぼありません。

 

 

逆に夏場に軟らかいと感じたクラブは冬場に打ちやすくなるということもあるでしょうし、冬場に打ちやすいと夏場には軟らかく感じてしまうと思います。

 

重くするには鉛を貼るか普段短く持つ人は長く持つようにしてもいいでしょう。

 

軽くするにはヘッドを削るか穴をあけるか短く持つことでも対応できます。

 

ということで、クラブを購入の際は自分がどんな時期(気温)にピークを置きたいかもクラブ選定にし、時期に合わせてクラブを微調整することも自分の実力のうちといってもいいのではいでしょうか?