体の故障とスイングの関係

毎週試合を転戦しているツアープロは体の故障を抱えている人が多くいます。

 

ゴルフのスイングはそういった故障個所の動きが悪くなりクラブの動き方が変わって球筋が変わり、場合によっては飛距離が落ちてしまったりします。

 

故障によって痛みがあったり、筋肉が収縮してしまったりすることで、痛みをかばう動き、動きが悪くなった部分を他の箇所が補おうとして負担の集中してしまう箇所が発生してさらに怪我を重ねたり、スイングが壊れてしまいます。

 

プロはそれでもプレーをしなければなりませんが、アマチュアの方は無理をせずに適度に体を休ませながらゴルフを楽しむ方がいいかもしれません。

 

運動不足になると筋力が落ちてしまいますから運動と休養のバランスをうまく取るようにしましょう。

 

ただし、肘、手首、指の故障は完治までに時間がかかりますので、テーピングやサポーターなどを利用して練習やラウンドは回数を減らしながら、長い目で治療していく方がいい場合もあります。

上にも書いたように怪我をかばうスイングを身に付けてしまったり、怪我が伝することがさいあくのけすることが最悪のケースですので、身体を故障してしまったら医師と相談しながら治療計画を立ててしっかりと治しましょう。

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンはこちら