ラウンド中の無駄な体力の消耗を防ぐ

ラウンドの後半になると体力がなくなってしまいスコアを崩してしまう傾向があるという方もいらっしゃると思います。

 

このラウンド中の体力についてですが、ゴルフのラウンドにおいては若いから体力があるとか年配だから体力が無いという事ではなく、自分のペースでラウンドを行えているかという事ではないかと思います。

 

言い換えるとスイングに自分に適したリズムがあるように、ラウンド中の歩行速度にも自分に適したピッチがあり、そのペースを守ることが無駄な体力の消耗を防ぐことに有効であると考えられます。

 

ゴルフは同伴競技者がいますので、自分がミスショットをして球を曲げてしまったために全速力でボール探しをしたり、ナイスショットが出たので逆にゆっくり歩くなど歩くペースが都度変わってしまうようなプレースタイルになると思考力の低下や体力の消耗につながるのではないでしょうか。

 

実際に上手なゴルファーの多くはミスショットをしてもナイスショットをしても歩く姿勢や歩くペースなどはあまり変わらない方が多いように感じます。

 

同伴競技者への配慮は勿論大切だと思いますが、後続組に迷惑のかからない範囲で自分の心地良い歩行速度や姿勢などもぜひ習得されてください。