実戦のためのアプローチ練習

ゴルフ練習場でアプローチショットの練習時にコースを想定した練習方法についてです。

 

アプローチ練習を拝見させていただいた時に、当然皆さんピンに対して寄せる練習をすると思います。

 

コースを想定したアプローチ練習となるとグリーン上に起伏がありますのでグリーンに乗った後にフックしたりスライスしたりします。

 

当然フックラインであればピンより右に球を打ちだす必要があり、反対にスライスラインであればピンより左に球を打ちだす必要があります。

 

ゴルフ練習場でアプローチ練習をする時には、ピンより右に打つ、ピンに対して真っ直ぐ打つ、ピンに対して左に打ち出す練習をしていただくとより実践的な練習法になると思います。