寄せワンを狙うなら上りを残しましょう

グリーン周りからピンに向かってアプローチショットをする際に、確実なフックラインや確実なスライスラインの状況があったとします。

 

ここでライン読みを大きく取りすぎて狙ってしまうと下りのパットが残るケースが十分考えられます。

 

確実な上りのパットを残すにはどんな傾斜であろうとピンに向かって真っすぐ打てば上りのパットが残ります。

 

アプローチショットでのラインの読み過ぎの結果、下りのパットが残りそこから3パットなどの大叩きにつながらないように、下りのパットが残った場合どのような状況になりそうか判断してからアプローチショットにのぞまれると良いでしょう。