アプローチシャンク

フルショットではあまり出ないシャンクが、アプローチではたびたび出てしまうというお客様がいらっしゃいました。

フルショットとアプローチでは、スイング中に発生する遠心力に大きな差がありますが、その方の場合は遠心力が弱いはずのアプローチでクラブヘッドが、外側に引っ張られてインパクトではネックにボールが当たってシャンクが発生していました。

アドバイスとして、脇を締め、手とクラブヘッドを自分の方に引きつける力を入れてもらいました。

アプローチショットの上手な方は、コンパクトなアドレスで体の緩みを感じさせません。

短い距離のアプローチやパターでも、しっかり腕を体に引きつける力を入れて、手打ちを防止しましょう。