ピッチショットとランニングアプローチ♪

アプローチの種類としてピッチショット、ピッチエンドラン、ランニングの3つに分けるという考え方があります。

nbsp;

大雑把に言うとピッチショットはキャリーの方がランよりも多く、ランニングはその逆、ピッチエンドランはキャリーとランが同じぐらいというのがだいたいの目安です。グリーンの固さやスピードにより変動しますので、はっきりとした定義付けは難しいのかもしれません。

nbsp;

3つのショットの使い分けとしては、リスクと不確定要素が判断材料としては大きいと思います。リスクはそのショットを選択したときに起こりやすいミスの度合いで、不確定要素はボールの落とし場所付近の地面の凹凸や芝生、傾斜での弾み具合などボールの動き方が計算しにくい条件のことを指します。

nbsp;

そうすると、適度なピッチショットは不確定要素は少なくハイリスク・ハイリターンなショットで、ランニングは不確定要素が多い代わりにリスクが少ないショットです。アプローチが上達するほど不確定要素の少ないショットで計算通りに事を運びたくなるのでピッチエンドランかピッチショットを選択し、アプローチが苦手な人はリスクを避けるためにランニングを選択する方が賢明な判断と言えると思います。

nbsp;

それと、ピッチショットの方がボールを正確にミートする精度(span style=”color: #333333;”a title=”等号” href=”/wiki/%E7%AD%89%E5%8F%B7″span style=”color: #333333;”≒/span/a/spanスイング技術)が必要で、ランニングは実戦経験がショットの成功を左右します。初、中級者の方はリスクの少ないランニングを駆使し、上級者はパーセーブのための武器としてピッチショットに積極的に取り組んでいただきたいと思います。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;

nbsp;

nbsp;