冬場はアプローチ用のクラブを1本増やしてみましょう

夏場の日本芝のフェアウェイではバウンス角が大きいウェッジが適しています。

 

一方で冬の日本芝ではバウンス角が小さいウェッジが適します。

 

バウンス角が大きいとボールが浮かない冬場はトップしやすくなります

 

ウェッジはロフト角が小さいほどバウンス角が小さくなるのが普通です。

 

そこで、夏場のショートアプローチでほとんど52°のウェッジを使うという人ならPWを1本選択肢に入れるようにすると安全かつ攻めの幅も拡がります。