ショートアプローチの様々なタイプ

ショートアプローチのクラブ選択についてのお話です。

 

どれが正しいはないと思います。

 

①1本決めたクラブで状況に関わらず一定の球質で通していく

②1本決めたクラブで状況に合わせて打ち方で球質をを変えていく

③打ち方は一定だが、状況によってクラブを変える

④クラブも打ち方も状況次第で変える

 

①は打ち方もクラブも決まってるので攻め方、打ち方を迷わずに済みますが、グリーンを狙うショットでそのアプローチが通用するところへ外すマネジメントが必要です。

 

②クラブは一定なのでクラブ選択を迷わずに済み、いろいろと打ち分けることでスイングを崩しやすいデメリットがあるが状況にしっかりと対応が出来る。

 

③ロブショットをオプションで持っておけば状況に十分に対応できる。スイングは一定なので打ち方について迷いにくく崩れにくい。各クラブを使いこなす経験が必要。

 

④最も状況に対応しきれるスタイルで状況判断力が必要で打ち方とクラブに慣れる経験が必要。

 

といろいろなスタイルや考え方がありますが、スタイルの変更自由なわけでいろいろ試して自分のスタイルを構築していきましょう。