短い距離のロブショットはインパクト直前にヘッドを止める

ラフが深くなってきました。

 

ピンまで10yd以内からでもロブショットが必要なケースもあると思います。

 

ショートアプローチで深いラフから打つ時はロブショットの方がヘッドスピードを出して打つことになるのでフェースを開いていることも手伝ってラフの抵抗に負けなくなりますので、ボールを止める必要が無くてもロブショットを打つことがあってもいいと思います。

 

これらの時に距離が10ヤード以内と近い場合はフォローで力強く振り抜けると飛び過ぎてしまいますし力を抜いて打つとラフに負けてしまいます。

 

こんなときには強めに振り下ろしてインパクトの直前にヘッドを急停止させるつもりで打ってやると飛び過ぎずにラフにも負けず距離をセーブすることが出来ます。

 

夏場のゴルフはロブショットが打てると有利になりますのでしっかりと練習しておいてください。