アプローチショットでのNGの組み合わせ

アプローチショットが上達してくるとフェイスを開いて構えてロブショットを打ったり、反対にフェイスを被せてランニングアプローチを打ったりする技術も出来るようになってくる方もいらっしゃるでしょう。

 

このフェイスを開いた状態とフェイスを被せた状態の時には、大きなミスショットにつながるミスがあります。

 

まずフェイスを開いてロブショットを打つ場合には通常の状態よりもリーディングエッジが前方に出っ張りますのでトップがでるとグリーンを大オーバーするようなミスショットがでます。これを防ぐためには多少ダフリ気味に打つという意識があると良いかもしれません。クラブフェイスを開いて構えているのでクラブのバウンスは利きやすい状態なので刺さりにくくはなっています。

 

 

反対にクラブフェイスを被せてランニングアプローチを打つ場合には、通常の状態よりもリーディングエッジは後方に引っ込みますのでクラブの刃に当たるミスは起きにくくフェイス面でボールを捉えやすくなります。しかしバウンスが効かない状態になりますのでダフるとザックリが起こりやすくなります。意識としては少しトップ目に当てる意識があるとザックリのミスは防ぎやすいと思います。少しのトップでもクラブの刃に当らなければグリーンを大オーバーになるようなミスにはならないと思います。

 

上記のことからフェイスを開いた場合にはダフリ気味に、反対フェイスを被せた場合にはトップ気味に当てるという意識があると大きなミスショットの防止に役立つかもしれません。