3パットの防止のための予備知識

スコアをまとめるためには、グリーン上の3パットをなるべく出さない事が大切な要素となります。

 

3パットを防ぐために1番大切な事は距離感ですが、ホールごとに異なるグリーンで距離感を合わせ続ける事はかなり難しいと言えると思います。

 

クラブハウスやキャディマスター室の前などに、本日のグリーンスピードは9フィートですなど親切に表示をしてくれているゴルフ場さんも多いですが、全てのグリーンで均一のスピードを出す事はほとんど不可能と考えても良いでしょう。

 

「今日はグリーン上のタッチが良いな」と思っていたところ、タッチが合わなくなったホールがあったらそのグリーンはグリーンスピードが他のホールとかなり違っていた可能性が高いと考えられます。

 

プロや上級者の方はグリーンを踏んだ感触だったり、芝の長さの違いだったり、芝生の色の違いだったりそのあたりの微妙な違いを本能的に感じている方が多いのではないかと思います。

 

これらの状況判断には経験値も必要であると思います。

 

ラウンド中に距離感が合わなかったホールがあったら、ストロークのミスなのか、グリーンスピードの判断ミスなのかしっかりと検証して次回のラウンドに活かして頂ければ3パットの回数を徐々に減らせるようになるはずです。