ショートパットが苦手だという方の話を聞いてみると?

先日、60代女性より、1m前後のショートパットが上手くいかないという相談を受け、よくよく話を聞いてみた所、まとめると要点は以下の3点でした。

①ショートパットに自信が無い。平らなライで右にはずれる事が多い。

②構えた時の方向に自信が持てない。

③ロングパットでのミスは、オーバーよりショートが多い。

実際に平らなライで1mのショートパットを打ってもらった所、入る確率は5割くらいで、入らない場合は8:2の割合で右にはずしており、本人の感想とピッタリ一致してました。

ここで本人にこのミスに対する対策を尋ねた所、「ヘッドを真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す」という事だけを頑張ってやっている、との回答。

そこで、カメラ動画でパターヘッドの動いをカップ後方の低いアングルより撮影し、本人に確認してもらった所、その第一声が、

「あれ、右に押し出してる。どうして?」でした。

カメラの動画によって本人の真っ直ぐがずれている事が判明したので、その修正をしたストロークでパターを行ってもらったところ、ショートパットの入る確率が大幅に向上しただけでなく、ロングパットのショートも少なくなりました。その感想としては、しっかりボールが転がるようになり自信が湧いてきたとか。

以上、道具を活用した客観的な検証で、簡単にズレが発見できる場合があります。

同じような悩みをお持ちでしたら、一度試してみる価値はありそうですね!(^_-)-☆