デジタル情報とアナログ情報の優先順位はどうなってますか?

ショット、アプローチ、パットなどの距離感合わせが上手くいかない方の傾向の1つとして、クラブの振り上げ幅や場所だけしか考えていないという場合があります。

私にすれば、これらはグリーン迄の残り距離と同じようなデジタル情報という位置付けでしかなく、クラブ操作においては確認事項程度の優先順位です。

対してアナログ情報というのは、クラブを動かした際、そのスピード感でクラブヘッドがボールと衝突したら届くか、届かないか、丁度良さげなタッチを体の中にフィードバックしながら引き出す情報と位置付けており、まずはこれを先に決めに行きます。

その決め方の方法として、この距離だとこれくらの振り幅としてというデジタル情報から開始するもよし、逆にこんなタッチで行こうと思うけど、前後のふり幅や軌道が大きくずれてないかのサラッとチェック程度にデジタル情報活用するというのもありかと思います。

いずれにしても、アナログ情報の精度向上に向けて、デジタル情報を上手く活用するという観点は大切だと考えます。

距離感にお悩みで、これらの事に思い当たるふしがあれば、主従関係の見直しを一度オススメします。(^_-)-☆