ショートパットのひっかけ

グリーン上でショートパットをひっかけて外すととてもショックです。

 

ショートパットのひっかけはインパクトでクラブフェイスが左を向いてしまう事で起こります。

 

ひっかけを防ぐためにクラブフェイスのトゥよりで打つと有効です。自分からみて重心よりも遠いところでボールにヒットするとクラブフェイスが開きひっかけを防ぐことができます。

 

またクロスハンドグリップなどに握る事で右手のクラブフェイスを返す動きに拮抗できる左手の動きが出来る事も有効な方法です。

 

ボールの位置としてはボールを右側に置く事でひっかけを防ぎやすくなると思います。

 

ひっかけに悩まれている方がいらっしゃいましたらお試しいただければと思います。