パッティング

パッティングを打つまでのプロセスは、ラインを読み、そのラインに向かって適正なスピードでボールを打ち出します。

 

ラインが読み切れない時でも打ち出す方向とスピードをコントロールすることには変わりありません。特に良くないのは判らないから適当に打つ事。判らなくても打ち出し方向とスピードをはっきりと決めてから打つようにしましょう。

 

ミドルパット以上ならカップインの確率は低いので2パット狙いと決めて、打出しスピードだけに集中して方向はセットアップ時にフェースの向きを合わせたら方向については一切忘れて距離だけに集中し、曲りの少ないショートパットを1パットで狙うなら真っ直ぐ打ち出す事に集中して距離の事は忘れてしまうくらいでもいいと思います。

 

パッティングは打ち出し方向と打ち出し合えばカップに入るのですがどちらにも気を配りながら打つとどちらも中途半端な結果に終りやすいので一つに絞って打つ事も大事だと思います。