パターを替える

プレーヤーの中にはパターが調子悪い時に、別のパターに替えたり、パターは変えずに技術的な部分を見直してみたりとパター数を減らすためにいろいろな取り組み方の選択肢があるわけですが、パターを別の物に替える場合の意味や効果について考えてみたいと思います。

 

パターはゴルフのストロークの中で最もメンタルにより結果が左右されやすいショットと言えます。このメンタルをパターを替える事で上手く変化させるといい結果につなげられる事があります。

 

何ラウンドかパッティングが上手くいかない事が続いた時に、悪いパターンとしては復調したにもかかわらずパッティングに臨む瞬間に最近やってしまったミスパットのイメージが頭をかすめて結果的にミスを重ねてしまう事です。

 

このようなときにパターを別の物に変えてみましょう。すると新しいパターではまだミスパットを打った経験がないので悪いイメージが出る事を防げることになります。その上でパッティングに集中する事が出来れば結果はついてくるでしょう。これは1,2ラウンドしか効果が出ないかもしれませんがこの1,2ラウンドを上手くこなせば馴れているいつものパターがより打ちやすく感じて精神的には落ち着く事が出来ます。

 

メインで使うパターを調子が悪い時には使わなくしてメインのパターを見た時にいいイメージが浮かぶようにパターを使いまわす事も自分のパッティングを良い状態にキープするための一つの方法です。