パットの距離感

ゴルフコースをラウンドしていて、今日はどうもグリーン上のタッチが合わないと感じる日があると思います。

しかしそんな日でも、自分が本来持っている距離感を大切にするべきだと私は思います。

距離感が合わない日は、仮想のカップを想定し、そのカップに向かって、自分本来の距離感で打つ事がオススメです。

例えば遅いグリーンだと感じれば、仮想のカップは、実際のカップより1メートル先に設定する、反対に速いグリーンだと感じれば仮想のカップは、実際のカップより1メートル手前に設定するなどです。

遅いグリーンだからといって、いつもの振り幅を大きく変えたり、速いグリーンだからといってインパクトを緩めるような打ち方に変えてしまうと、大オーバーや大ショートにつながる恐れがあると思います。

タッチが合わない日は、スリーパットが確定してしまうような、大きなミスを防ぐようにして、ラウンドをすると大崩れを防げると思います。