パッティングでの距離と方向の合わせ方

どんなショットもボールの行き先方向と距離をターゲットに合わせることになります。

 

フルショットの場合は方向性合わせるのが難しいですが、ショートパットで大きく方向が狂う事は初心者でもほとんどありません。

 

パッティングでは距離を合わせる事が基本中の基本となります。

 

1パットで上がるためには距離と方向の両方を合わせなければなりませんが、なかなか入りそうもない距離やラインでは距離さえ合わせられればラインの読み違いでもない限り確実に2パットで上がれるでしょう。

 

方向の合わせ方はセットアップでフェースを打ち出しラインに対してきっちり合わせることだけで十分です。

 

距離はヘッドスピードを適正にすることで、これはあまり簡単ではありませんので、セットアップでフェースの向きを合わせたら方向のことは頭から消して距離を合わせるためにすることに集中しましょう。

 

方向ばかりを気にして3パットしてしまった経験は誰にもあることだろうと思いますが、このミスは考え方次第で確実に防げます。

 

ということで、パッティング時セットアップが完了するまではフェースの向きを合わせることに100%集中して、完了後は100%距離を合わせることに集中しましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら