高速グリーンに対する準備をしておきましょう

グリーンのスピードがどんどん速くなっていく季節です。

 

速いグリーンは下りのラインと真横のラインの難易度が高くなります。

 

重いグリーンと比べるとわずかなタッチの差で距離が大きく変わるのでロングパットも寄せるのが難しくなります。

 

したがって速いグリーンは方向よりも距離感を最優先して打って行くといいでしょう。

 

下りのショートパットは弱くインパクトしたくなりますがボールのディンプルとディンプルの間の壁をしっかりとつぶして打たないと打出し方向が狂うのでしっかりと打ってフォローが出ないように止めるような打ち方が向いています。

 

夏の重いグリーンに慣れてしまっている人は上手に頭を切り替えて早くなっていくグリーンに対処してください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら