70点の余裕

スコアメイクに大切なドライバーでのショットは、ある程度の距離がかせげて、グリーンに向かってスイングができる状況に止まる事でしょうか。

 

もちろんフェアウェイのど真ん中に会心の当たりが行けば最高ですが、男性の場合はツアーのプロゴルファーでのフェアウェイキープ率のトップはおよそ70%あるかないかで、50パーセント前後のプロも複数います。

 

アマチュアの方のドライバーショットでの大きなミスの代表はチョロ、大ダフリやてんぷらなどでしょうか?

 

上記のような大きなミスショットが出た場合、スイングのバランスが大きく崩れてしまってはいなかったでしょうか?

 

飛ばそうと思って必要以上に力んだり、周りに良い所を見せようと意識過剰になると大きなミスショットにつながる可能性がつながるのではないかと思います。

 

練習場でも出ないようなミスショットがコースでは多発する方は、スイングのバランスや構え方の力感などを今一度確認されてみてください。