雨のドライバーショット

最近のドライバーの中には雨でフェースとボールが濡れると打球のスピン量が少なくなり過ぎて打ち出してすぐボールが落ち始め(ドロップする)、キャリーが出ず大幅に飛距離をロスしてしまうものがあります。

 

まずは自分のドライバーがどうなのか知っておく必要があります。

 

もし、買ったばかりのドライバーなら練習場でボールをびしょびしょに濡らして打っておくと様子が掴めます。明らかにドロップするようなら雨の日用のドライバーを用意しておくか、雨の日用対策をとっておきましょう。

 

雨の日対策は、ロフト調整機能がついているのであればロフトを増やします。クラブで出来る事はこのくらいで、あとはフェースとボールが濡れるのを可能な限り防ぎましょう。キャディさんがついているなら、プレショットルーティン中にボールに傘をさしてもらってスイングを始めるまでさしてもらっておきましょう。スイングが始まっても傘をさしっぱなしだとペナルティになりますので注意して下さい。

 

また、ルーティン中はフェースが濡れないようにフェースを下に向けたままにしておくといいと思います。

 

フェースが濡れてドロップしてしまうものはフェースがつるつるしていたり、溝が無い物がドロップしやすくなる傾向があります。

 

ドロップ対策をして雨が降ってもゴルフを楽しんでください。