夏のドライバー

夏のドライバーショットでは、キャリーの出るボールが有利になります。

 

冬場は、芝生が枯れて地面も硬くなるので低いボールは良く転がって飛ぶことになりますが、夏場の芝は抵抗が大きくなりますし、ラフにいたってはかなり芝が伸びている所もあります。

 

芝生や地面の抵抗を避けるには、空中を飛ばす比率を多くして攻めた方がセカンドショットの残り距離を短くできます。

 

普段のドライバーショットで球が低いという方は、ロフトの多いクラブを使ったり調整機能付きのクラブをお持ちの方はロフトを増やして使用するのも良いと思います。

 

雨の日も地面や芝の抵抗が大きくなるので同様に高い球が有利になります。

 

セカンドショットの距離を1ヤードでも短くしたいという方は、セカンドドライバーやロフトの調整機能を上手に駆使すると良いでしょう。