検索ワード

最近ゴルフ関連の検索ワードで  ゴルフ ドロップ での検索が多くなっているようです。

 

ドライバーの球筋がドロップしてしまい飛距離が出ない悩みを抱える人が多くなってきているのでしょう。

 

これは、より飛ぶドライバーを作るためにボールのスピン量を減らす研究がかなり進んできた関係で適正なスピン量だった人にとっては球がドロップしてしまってキャリーが減って飛距離ダウンになってしまう人が増えているのだと思います。

 

ボールの打ち出し初速が速いほど球筋はボールが浮き上がるような球筋になります。これはスピン量が多すぎるという事ですのでスピン量が少なくなるクラブを使うと飛距離が伸びます。

 

クラブの軽量化によりヘッドスピードをアップさせて飛距離アップする事はそろそろ頭打ちで、これは男子プロや力のある男性などヘッドスピードが速い人にとってはあまり恩恵を受けられなかったのでこれの恩恵を受けたアマチュアゴルファーや女子プロと男子プロとの飛距離差が少し縮まっていたのですが、ここ数年はドライバーの低スピン化が進んだことにより男子プロの飛距離が伸びてきています。

 

なので、これから更にドライバーの低スピン化が進むとヘッドスピードが遅い人と持ち球が低い人から順にキャリーが減り過ぎて飛ばなくなってしまうという網にかかってしまい、すでにその網にかかってしまった人が上記の検索ワードで検索をしているのではないかと思います。

 

ちなみに網にかかってしまった人はロフトが多いものを選ぶかヘッドの重心位置が深いものを選ぶか、シャフトを軽量化してヘッドスピードを上げて初速を上げたりスピン量が増える工夫をして行くとその網から抜け出して飛距離がアップすると思います

 

自分の球筋がどう変わったら飛距離が伸びるのかを理解してそれに合ったクラブ選びをして行く事が求められるよう時代になってきていると思います。