梅雨時のゴルフ

今日の東京はあいにくの雨模様となっております。

梅雨が明けるまでは、雨の中でラウンドする事があるかもしれません。

雨が降るとゴルフが難しくなると感じる方が多いと思いますが、何故でしょうか?

まず、ゴルフ場のグラウンド状態(ライ)が悪くなります。地面が柔らかくなる為に、ザックリが出やすくなります。

さらに濡れた芝生の抵抗が強くなります。フェアウェイをキープ出来ないと、手強いラフが待ち構えています。

さらに地面が柔らかくなる為に、飛距離が落ちてしまいます。言い換えれば、ランの大きく出るクラブほどいつもの距離がでません。

ドライバーの距離は大きく落ち、S.Wなどランの出ないクラブはさほど影響はないでしょう。

ということで、、雨の日で飛距離のロスを最小限にとどめる為には、高い球を打てると良いと思います。

ドライバーを打つときにボールの位置を通常よりも左側においたりすると多少はキャリーを出せるでしょう。

アドレスやスイングをあまり変えたくない方は、いつもよりもロフトのあるドライバーを使用すると良いでしょう。

可変式ドライバーを所持している方は、球が上がるように設定しなおしてみると良いと思います。