ドロップボール

今日はドライバーショットのドロップボール(縦チーピン)と呼ぶ人もいます。について考えてみたいと思います。

 

どんな打球かというと、打球が通常の最高到達点に達する前に、おじぎをするように急降下してしまうと考えれば良いと思います。

 

この手のミスは、スピン量の少ない方の特徴的なミスになります。

 

スイング軌道が過剰なアッパー軌道の方や、強いシャットフェースの方は起こりやすいと考えられますので、注意が必要です。

 

パーシモンヘッドのドライバーにバラタカバーのボールを使用していた時代に比べ、現在のボールやドライバーは低スピン設計になっている事も多く、ドロップボールが出やすくなっている要因でしょう。

 

スイング理論でもひと昔前には、ロフトの立ったドライバーをアッパーブローに打つスイングが良いとされていた風潮がありましたが、現在は、クラブの進化もあり、ロフトのあるドライバーでも吹け上がりは起こりずらいと思います。心当たりのある方はクラブの買い替えも考えてみるのも良いと思います。

 

ゴルフコースでも雨が降っている時にラウンドをすると、スピン量がさらに減ってしまって、ドロップボールが止まらなくなってしまうなんて事も考えられますので、スピン量の少ない方は、ドライバーショットの前に乾いた布などでフェース面の水分を拭き取っておくことも、良い対策になるでしょう。

 

スピン量が少ない方は、長所として風の影響を受けずらい、短所としてグリーンを狙ったショットが転がってしまうなどが考えられ、スピン量の多い方はその逆になります。

 

人間はないものねだりが好きですが、起用にスピン量を減らしたり、増やしたりという技術はプロゴルファーでも簡単に出来るものではないと思います。

 

自分がスピン量が多いタイプの方は、風の読みなどに注意したり、スピン量の少ない方は、打球の落とし場所を考えたりするのが自分をよく知った上でのコース・マネジメントになるのだと思います。