ドライバーの吹け上がり対策

打球が高く吹け上がる事で、ドライバーショットの距離が稼げない男性がいます。

 

という事で、吹け上がりを抑える為の方法をお伝えします。

 

①クラブフェースのロフト角の少ないモデルを使う。(打出し角を低くする)

 

②ギア効果を利用する。重心よりも上の打点でボールを打つ。重心よりもトゥ寄りの打点でボールを打つ。

 

③シャフトを変えてスピン量を減らす。(元調子に寄る程スピンは減少)

 

④ボールを変える。(柔らかいボールほどボールの回転数は減る)

 

⑤スイング軌道を変える。(アッパー軌道に振る)

 

などありますが、②の打点を変えたり、⑤のスイング軌道を変えるというのはアベレージゴルファーの方には大変難しいでしょう。③のシャフトを変えるというのも、振りずらいと感じる人もいると思います。

 

私のお薦めは、①のロフト角の調整と、④のボールを変える事です。スイングを変える事なく調整が出来ます。

 

①のロフト角の調整は、最新の可変式ドライバーなどは、4°位の調整機能が付いているモデルがあるので、買って大失敗という事態は避けられるかもしれません。

 

④のボールを変えるというのも、シンプルで良い方法だと思います。以前アメリカの男子プロが、女性用のボールを使用して、試合に優勝して話題になった事がありました。ドライバーショットではボールが潰れる程、スピン量は少なくなります。

 

女性用のボールを使用するのは、抵抗があるかもしれませんが、試してみる価値はあるかもしれません《゚Д゚》