ドライバーの重りが邪魔な人は取っちゃいましょう

最近のドライバーは飛距離競争が一段落して、芯を外しても飛距離が出る性能を競っています。

これは、フェースからできるだけ遠いバックフェース付近に重りを取り付けることで芯を外してもヘッドの挙動が少なくなり芯が広いクラブになります。
ヘッドの重心位置を深くすると芯が広くなるということです。

 
ただ、重心を深くし過ぎるとスイングとの整合性が取れなくなるという問題点があります。

そしてこのようなクラブが合う人は弾道が低い人、スピンが少なすぎる人、スライスする人などです。
逆にいうとそうでない人はバックフェース寄りの重りが邪魔といえます。

 

なので、取っちゃいましょう。

 

軽くて振りやすいなら、重りを外して軽くなった分を超えない重さの鉛を任意の位置に貼ってみてください。
軽くなった分を鉛を貼ると結構な量になります。

こうすると性能がガラッと変わるので、自分にとって最適な鉛の位置を見つけられれば自分だけの一本に仕上がります。
自分ではよくわからない場合は専門家に相談してください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。