ドライバーのティアップの高さはどうやって決める?

ドライバーのティアップの高さは、
現在のドライバーのフェースの高さの平均値からすると、30mmくらいが適性の高さになります。

 
パーシモンヘッドのころにティアップの高さは、
ティアップしてドライバーをソールしたときに、ボールがヘッドから上半分くらいが出る程度の高さが適性とされていました。

 
これからすると30mmということですが、あまりにもヘッドのサイズが変わったため、必ずしもボール半分というのは適正ではないと思います。

 
個人的には25mmくらいが適性ではないかと思います。

 
これを基準にスイング軌道がインサイドアウトの人は30mm、
アウトサイドインの人は20mmくらいでいいのではないかと思います。

 

いずれにしてもティアップをする高さは自由ですから、自分が打ってみて最も結果が良い高さにすればいいと思います。
まだそれが定まってない方は、先ほどの高さで試してみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。