ロングドライブの歴史

先日米ツアーの飛ばし屋デシャンボーがロングドライブコンテストに参加して上位に入ったということが話題になりました。

 

歴史的には糸巻きボール、パーシモンヘッドのころから開催されており、その記録は道具の進化に合わせて伸びてきました。

 

下が各年度のチャンピオンとその記録です。

1976 – Evan Williams, 307 yards

1977 – Evan Williams, 353 yards

1978 – John McComish, 330 yards

1979 – Andy Franks, 314 yards

1980 – Scott DeCandia, 295 yards

1981 – Lon Hinkle, 338 yards

1982 – Andy Franks, 346 yards

1983 – Terry Forcum, 307 yards

1984 – Wedgy Winchester, 319 yards

1985 – Dennis Paulson, 323 yards

1986 – Art Sellinger, 311 yards

1987 – Joe Walsh, 314 yards

1988 – Jim Maynard, 334 yards

1989 – Scott DeCandia, 327 yards

1990 – Frank Miller, 328 yards

1991 – Art Sellinger, 326 yards

1992 – Monte Scheinblum 329 yards

1993 – Brian Pavlet, 336 yards

1994 – Darryl Anderson, 345 yards

1995 – Sean Fister, 362 yards

1996 – Jason Zuback (🇨🇦Canada) 351 yards

1997 – Jason Zuback (🇨🇦Canada) 412 yards

1998 – Jason Zuback (🇨🇦Canada) 361 yards

1999 – Jason Zuback (🇨🇦Canada) 376 yards

2000 – Viktor Johansson (🇸🇪Sweden) 315 yards

2001 – Sean Fister (🇺🇸 USA) 376 yards

2002 – Carl Wolter (🇺🇸USA) 384 yards

2003 – Clayton Burger (🇺🇸USA) 402 yards

2004 – David Mobley (🇺🇸 USA) 377 yards

2005 – Sean Fister (🇺🇸 USA) 377 yards

2006 – Jason Zuback (🇨🇦Canada) 368 yards

2007 – Mike Dobbyn (🇺🇸 USA)[12] 385 yards

2008 – Jamie Sadlowski (🇨🇦Canada)  418 yards

2009 – Jamie Sadlowski (🇨🇦Canada)  384 yards

2010 – Joe Miller (🇬🇧 UK) 414 yards

2011 – Carl Wolter (🇺🇸 USA) 409 yards

2012 – Ryan Winther (🇺🇸 USA) 343 yards

2013 – Tim Burke (🇺🇸 USA) 427 yards

2014 – Jeff Flagg (🇺🇸USA) 365 yards

2015 – Tim Burke (🇺🇸 USA) 394 yards

2016 – Joe Miller (🇬🇧 UK) 423 yards

2017 – Justin James 435 yards

2018 – Maurice Allen (🇺🇸 USA) 393 yards

2019 – Kyle Berkshire   406 yards

 

当然会場の風向きに左右されますが、40年で100ヤードくらい伸びています。

 
当時主流のクラブとしては、
~1980 パーシモン+スチールシャフト

1980~  ステンレス+カーボンシャフト

2000~  チタン+カーボンシャフト 高反発化

2010~  大型チタン+軽量カーボンシャフト 反発規制(2008)

これ以降ヘッドの低スピン化が進み現在に至ります。

 

ボールは、
~1982   糸巻きボール

1982~   ツーピースボール(ソリッドボール)

1993~   ツーピースボールが男子プロツアーで主流に

2000~   ウレタンカバー3ピース

現 在     ウレタンカバー3~5ピース

と、ドライバーとボールの進化の相乗効果で飛距離の限界が上がってきました。

 

高反発規制があるので今後は大きな伸びは難しいかもしれませんが、既にパー3~5のホールの距離に矛盾が生じています。
今の飛距離で上げ止まっても、ゴルフ場の18ホールの総距離を伸ばさないとゲーム性に矛盾が生じてしまいます。

アメリカなら土地が十分ですから対応できますが、日本はおそらく難しいでしょう。
それなら一層のこと誰もがパー5で2オン狙えるくらいになったら面白いですけどね。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。